廣戸川 大吟醸日本最大級の人造湖である羽鳥湖を中心に、キャンプ場やレジャー施設が点在する羽鳥湖高原。
さらには1200年以上の歴史を誇る岩瀬湯本温泉や二岐温泉も有する天栄村は、四季折々、県内外の多くの観光客を魅了している。

そんな天栄村で明治25年の創業以来、昔ながらの酒づくりを続けているのが松崎酒造店である。
「廣戸川」という名は、地元を流れる釈迦堂川がかつて廣戸川と呼ばれていたことに由来する。大吟醸「廣戸川」は山田錦を原料に、まさに鑑評会で高い評価を受ける、味も香りも上等の酒。

■原料米:山田錦
■精米歩合:50%
■酸度:1.3
■日本酒度:+5.0
■アルコール度数:16.0~17.0