大吟醸-京の華「京の華」は、「亀の尾」直系の酒造米「酒の華」と兵庫県の酒造米「新山田穂」の交配により大正時代末(1920年代)に山形県庄内地方で生まれました。
しかし昭和30年代(1950年代)、大量生産と効率化を求める風潮の中、栽培が難しい上、生産性が低い京の華は会津や庄内をはじめ全国から徐々に姿を消していき、人々から忘れ去られ、まさに幻の酒米と化していました。

先輩たちが造り、育てた会津の米と酒を復活させ、この地に残していきたい

辰泉酒造社長(現会長)の新城新次氏は昭和55年(1980年)、福島県農業試験場にわずかに保存されていた京の華の種籾(たねもみ)を探し当て、栽培への取り組みを開始しました。
しかし、一度田地から消えてしまった米を育てるには、稲作に対する深い知識と経験が必要でした。その時、力強い協力者が現れます。地元会津のベテラン農業 家、古川儀一さん(故人)、斉藤徳美さん、弓田隆雄さんです。三人は社長の思いに共感し、米造りを引き受けてくれたのです。京の華は草丈が一般的な稲 より高いためいかに、倒さずに栽培するかが鍵となりました。
そしてついに、四年後の昭和59年(1984年)、わずか200グラムだった種籾が、酒が造れるほどの収穫量にまで達し、幻の米京の華が復活し、さっそく酒造りに取り掛かりました。試行錯誤の末、昭和60年(1985年)、京の華と会津の自然水のみを原料とし、低温長期もろみ(10~11℃で30~32日)で熟成させた「純米大吟醸 京の華」が完成しました。
さわやかな果物のような吟醸香があり、口に含むとスッキリとした中にまろやかで味わい深い米の旨みが広がる。そしてトロリとした触感が余韻として残ります。

■使用米:山田錦20%(精米40%) 、京の華80%(精米47%)
■度数:17度
■酵母:明利M310
■もろみ日数:24日
■日本酒度:+4
■酸度:1.4

参考:辰泉酒造ホームページより