2005年秋、会津坂下町御池田(おいけだ)、曙酒造の鈴木孝教の実家の田圃で鈴木孝教さんの本人の手で育てられた『会津晩下産山田錦』通称『タカシ米』。

天明-Bange-Yamada-Hanjuku-Junmai-Sake-純米吟醸-本生会津坂下町で山田錦を育てるという、誰もしなかった初めての挑戦、チャレンジは、天明ファンの間では、いまや伝説となっています。昨年の坂下山田タカシ米も瞬く間に完売。

2012 年、春。『タカシ米』は今年も鈴木孝教さんの手により密かに種が蒔かれ、田植えされました。猛暑を乗り切り、力強く育った『タカシ米』、収穫は10月下旬 に行われました。今回の『坂下山田』も55%まで姉妹、天明らしく協会9号酵母を使用し、上槽は1月。しっかりとした力強さの中にもきらりと煌めく暖かな ぬくもりのある酒質に仕上がりました。無濾過本生が織りなす、変わりゆく季節感を表現いたしました。今回の『坂下山田』は1月から4月末までの約4ヶ月の 瓶熟成です。『タカシ米』自体の収量が少ないため、今回も限定流通です。

■原料米:山田錦(55)
■日本酒度:+8
■酸度:1.7
■アルコール分:17

引用:籠屋-秋元酒店ホームページより