酒造りに適した米は「酒造好適米」と呼ばれ、食用米に比べて粒が大きく、米の中心部にある心白(しんぱく)という部分が大きく、タンパク質や灰分含有量が少ないことが特徴です。
ただし、技術の進んだ現在では酒造りに食用米が使われる場合もあります。

代表的な酒造好適米

1.山田錦
大正12年(1923年)、兵庫県農業試験場において「山田穂」を母、「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」を父に持つ酒米が生まれ、昭和11年(1936年)に、「山田錦」と名付けられました。
「酒米の王者」などといわれもっとも尊重され、各蔵が鑑評会へ出品する酒は山田錦で造ったものが多い。また鑑評会においては山田錦の酒米としての有利性を考慮し、山田錦の使用率が50~100%である製成酒については、第II部として出品部門を別にしています。
【主な産地】兵庫県

2.美山錦(みやまにしき)
昭和53年(1988年)、長野県農事試験場にて「北陸12号」を母、「東北25号」を父とした「たかね錦」にガンマ線照射処理を行い、突然変異によって生まれました。
名前は長野県の美しい自然の中で生産され、美しい山の頂の雪のような心白がある酒造好適米の意にちなんで命名されました。
【主な産地】長野県、秋田県

3.五百万石
昭和13年(1938年)、新潟県農業試験場長岡本場で「菊水」を母とし「新200号」を父として人工交配を行い、以来選抜固定をはかり、昭和32年(1957年)、新潟県が米生産量五百万石を突破した事を記念し命名されました。
【主な産地】新潟県、福井県、富山県

※画像「人気品種の系譜」を参考にしてください。

米人気品種の系譜