燗酒寒い日には「燗酒(かんざけ)」が体を温めてくれる!

燗をして程よく温めた酒は旨みが増し、体内への吸収も促進される。
好みにもよるが、適温とされるのは「人肌燗」、「ぬる燗」、「上燗」と呼ばれる温度。だいたい35~48度くらい。大き目の鍋などに湯を沸かし、徳利に入れた酒をその中に入れ湯煎で温めるのが美味しい燗のつけ方。酒の温度を上げすぎないためには、鍋の湯を沸騰させて火を止めてから徳利を入れるのがコツ。上燗の目安は徳利の入口が少し泡立ち液面が盛り上がってきたら適温に近いということだ。

■■以下はウィキペディアより引用です。■■

日本酒の燗における温度表現

日本酒の燗では、細かな温度表現が使用されている。
以下、一般的な温度表現として日本酒の記事より転載する。なお、飲用温度はあくまでも目安であり、人によって名称から連想する温度は異なる。また、温度表現の仕方が統一されているわけでもない。

 

 

名称 飲用温度
飛び切り燗(とびきりかん) 55度前後
熱燗(あつかん) 50度前後
上燗 45度前後
ぬる燗 40度前後
人肌燗 37度前後
日向燗(ひなたかん) 33度前後
冷や 常温
涼冷え(すずびえ) 15度前後
花冷え 10度前後
雪冷え 5度前後

 

 

これら以外の名称として、飛び切り燗を更に越えた温度に対して煮酒と呼ぶなど様々な表現が存在する。