特定名称酒日本酒は、特定名称の清酒として吟醸酒純米酒本醸造酒の3種類に分類されますが、原料や製造方法の違いにより、さらに吟醸酒、大吟醸酒、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、特別純米酒、本醸造酒、特別本醸造酒の8種類に分類されます。

この8種類は法律で、使用原料、精米歩合、香味、こうじ米使用割合などの要件が定められています。これ以外の酒を普通酒といいます。

吟醸酒 精米歩合60%以下の米を原料に使用し、低温長期発酵により造られた酒。
製造コストがかかるうえ、高度な技術が必要です。リンゴやバナナのような華やかな香りを持っており、冷飲用に適しています。
大吟醸酒 吟醸の中の吟醸で、米を半分以上削って仕込んだ非常に贅沢な酒。
仕込みには非常に繊細な熟練技術が必要で、まさに杜氏の腕の見せ所、酒の芸術品ともいわれます。
純米酒 米、米こうじ、水の原料だけから醸造した酒。
純米酒には精米歩合の基準はありませんが、精米歩合表示が義務付けられています。一般には濃醇タイプが多いですが、白鶴淡麗純米のように純米酒でありながら淡麗という酒質を実現した商品もあります。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下の米、米こうじ、水の原料だけから醸造した吟醸造りの酒。固有の香味、色沢が良好です。
純米大吟醸酒 精米歩合60%以下の米、米こうじ、水の原料だけから醸造した吟醸造りの酒。固有の香味、色沢が特に良好です。
特別純米酒 精米歩合60%以下または特別な製造方法で、米、米こうじ、水の原料だけから醸造した酒。香味、色沢が特に良好です。
本醸造酒 米、米こうじ、水、醸造アルコールだけを原料に醸造された酒。
醸造アルコールの使用量は白米重量の10%以下に定められており、精米歩合も70%以下に定められています。
特別本醸造酒 精米歩合60%以下または特別な製造方法で、米、米こうじ、水、醸造アルコールだけを原料に醸造された酒。香味、色沢が特に良好です。

1.米こうじの使用割合はすべて15%以上
2.精米歩合とは?
精米歩合とは、精米前の玄米重量で精米後の白米重量を割って100をかけ%で表し、数字が小さいほど高精米を意味します。精米歩合70%というと、お米の外側が30%の重さ分削り取られているということです。