金寳酒蔵(有)仁井田本家  
十八代蔵元 仁井田 穏彦(にいだ やすひこ)氏にインタビュー
 
1web所在地:郡山市田村町金沢字高屋敷139番地
電 話:024‐955‐2222
ウェブサイト:http://www.kinpou.co.jp/
フェイスブックページ 
https://www.facebook.com/pages/%E9%87%91%E5%AF%B3%E9%85%92%E9%80%A0%E4%BB%81%E4%BA%95%E7%94%B0%E6%9C%AC%E5%AE%B6/333083406711165
 
1.いつごろ創業されましたか?
正徳元年(1711年)創業 
304年目を迎え、感謝祭を4月12日に行いました。

2web2.代表的な銘柄を教えてください。
金寳自然酒 穏 田村
 
3.酒づくりに対するこだわりをお聞かせください。
自然米100%、純米100%、天然水100%、自然派主母100%を使用した酒造り。

4.今後の展望をお聞かせください。
平成37年(2025年)までに地元田村町金沢の60haを全て自然田にするのが目標です!
「日本の田んぼを守る酒蔵」、「自給自足の蔵」になることを目指しています。
そして次の世代に元気な田んぼを残していきたい。

3web5.皆さんにメッセージをどうぞ!
福島県の有機農家、自然派の農家さんは風評被害の影響を大きく受けています。こんな時だからこそ、県民同士が支え合って生きていきたい。そのために、同じ思いを持った仲間の農家さんたちとも積極的に契約し、田村町の水や山や田畑を守ろうと活動しています。そしてこの活動がモデルになって広がって欲しいと願っています。
皆さん、ぜひうちの酒を飲んで、「福島県の田んぼ」を守ってください!