笹の川酒造株式会社
郡山市笹川1‐178 電話:024‐945‐0261
ウェブサイト http://www.sasanokawa.co.jp/

2明和2年(1765年)創業。
山口屋、山口本店、山口酒造舗などの名称から大正9年に「株式会社山口酒造店」、昭和7年に「山桜酒造合資会社」となり、これが201年後の昭和41年に設立された「笹の川酒造株式会社」の前身となる。

「笹の川」の由来は、古くは「酒々(ささ)」と呼ばれた日本酒と、笹のようにしなやかでどんな風にも負けない蔵元でありたいという想いから名付けられた。現在では、清酒の他にウイスキー、焼酎(甲類、乙類)、リキュール、スピリッツなどを製造している。

1笹の川酒造では、笹の川大吟醸がモンドセレクションで金賞最高賞を受賞、鑑評会で金賞5冠を達成し、多くの方々から愛されている。

阿武隈川とその支流である笹原川に挟まれる形のこの場所の近くには、かつては篠川城があり、足利尊氏の孫にあたる足利満秀公(後の満貞)らが駐在した御所もあったという。そんな篠川城址からほど近くにある笹の川酒造は、酒造りをはじめて250年ほどの歴史を持つ。

4現社長の奥さん「山口敏子」が、洗米から袋吊まで手造りした女性向けの純米吟醸酒「桃華」は、福島県を代表する果物「桃」と、花の香りを表した「華」の2文字を合わせて名づけられた。

笹の川酒造は、ここ10年の間に「笹の川」で平成17、23酒造年度に全国新酒鑑評会金賞を獲得しています。
ここ10年は福島県の鑑評会に春秋ともに金賞を受賞し、平成24酒造年度には、南部杜氏協会が主催する「南部杜氏協会新酒鑑評会」で全国7位の金賞を受賞しています。