(株)清水台平野屋 代表取締役・野内(のうち)哲夫氏にインタビュー

郡山市清水台2‐5‐9
電話:024‐932‐0373
FAX:024‐923‐7325
ウェブサイト http://www.hiranoya-web.com/

31. 創業はいつ頃ですか?
昭和4年4月です。

2. 福島県産酒はどんな銘柄を取り扱っていますか!
大七生酛、奈良萬、山田錦、あぶくま、穏、金寶自然酒、花春純米大吟醸、三春駒、榮川
アルコールを入れたお酒は取り扱わず、99%純米酒のみを取り扱っています。酵母に頼らず酒の本質を追及する造り手のポリシー、ステイタスの感じられるお 酒を取り扱いたいと考えているので、酸味の強い純米酒が中心。鈴木酒造店の「磐城壽」は以前から応援していたが、震災後、山形県に避難してからも引き続き 取り扱っています。

2(一言メッセージ)
当店はワインが中心なので、日本酒を売るにあたっても、食と日本酒をどう合わせるかというワインでいう「マリアージュ」を意識しています。日本人は料理に 合わせて日本酒とワインの両方を楽しめる、豊かな酒文化を持っていますが、日本酒にはワインのソムリエのような食と結び付けて考えるような人がいないの で、若い人にも日本酒のおいしさを教えていきたい。これからの季節は純米酒を燗で飲むのをお勧めします。