自然郷大木代吉本店は慶応元年(1865年)、初代大木代吉により酒造業を創業。全国新酒鑑評会金賞や、東北清酒鑑評会優等賞を幾度も受賞している銘醸造元です。
代表銘柄『自然郷』は、昭和48年に篤農家と出会い、造りだけでなく原料(米)においても昔ながらのものにこだわりたいという想いから生まれました。
その他にも1977年から製造している料理用純米酒『自然郷こんにちはの料理酒』の製造元としても知られています。現在では「料理が抜群に美味しくなる」との口コミで非常に多くのファンをもつ商品に成長しています。

■原材料名:米(国産)、米麹(国産)
■アルコール度数:15度

引用:日本地酒協同組合ホームページより