造り酒屋のうめのお酒「造り酒屋のうめのお酒」は、今までになかったまったく新しいお酒。
今までの梅酒は梅の実とホワイトリカー(35度の焼酎)で漬け込まれたものが一般的でした。
造り酒屋のうめのお酒は、日本名水百選の磐梯の名水で仕込んだ榮川の日本酒に新鮮な青梅を漬け込んで作られた、造り酒屋ならではのこだわりのお酒です。
キリっとした梅の酸味と、日本酒ならではの後味のすっきりした甘味が特徴です。

■AL度数:14.5%
■日本酒度:-90
■酸度:12.5~13.0
■アミノ酸:1.5~1.6
■甘辛濃淡:極甘口
■飲み方:冷や・ロック(水・お湯割りでどうぞ!)

引用:ゆっ蔵オンラインより